NewsWebloader相互リンクに追加しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手軽にファイルのアップロード

DVD Flick ZumoDrive

「ZumoDrive」というソフトをご存知ですか?
これを自分のPCにインストールすれば、
コンピューターにドライブ(Z)が追加されます。

使用するPCにこのソフトをインストールし、
アカウントを取得すれば学校のPCや
インターネットカフェのPCなど、どこでも
ファイルの出し入れが手軽にできる!
(無料なら1GBまで)
友達同士でのファイル共有にも最適!

DVD Flick

DVD Flick

「ZumoDrive」をインストールした後に、ユーザー登録画面で
メールアドレスとパスワードを入力します。
入力したメールアドレスへ確認メールが届き、認証URLを
クリックすることで、アカウントの登録完了です。

※準備しておく物
ZumoDrive(下段のDownload Nowから)

外国のソフト(プログラム)の文字化け回避

DVD Flick AppLocale

「AppLocale」というアプリケーションをご存知ですか?
これは、Microsoft社が開発した画期的なものです。
これを使えば、日本のOSでも外国のソフトを
文字化けさせずに正常起動させることが可能です。

DVD Flick

しかし、↑をダウンロードしインストールすることで
Windowsインストーラーをバグらせる不具合があります。
なので、それを回避させる方法も載せておきます。

①AppLocaleをインストールする。
②一度、AppLocaleを起動させ文字化けするプログラムを
AppLocaleで動かしてみる。
③AppLocaleを終了させる。
④次に、C:\WINDOWS\AppPatchのフォルダを開きます。
⑤その中にAppLocaleを一度起動させたことで、
AppLoc.tmp」というファイルが出来ているので
これをワードパッドまたはメモ帳で開きます。
⑥次に、そこに書き記してある全ての文字を消します。
⑦そのファイルを上書き保存します。
⑧ファイルサイズが0KBになっていればおk
⑨次に、そのファイルをプロパティで開きます。
⑩ファイル属性を読み取り専用にします。

これで、Windowsインストーラーをバグらせる不具合を回避
させ、「AppLocale」を問題なく使用することができます。

尚、AppLocaleの使い方は、非常に簡単です。
PC初心者でも扱えます。

※準備しておく物
AppLocale(続行から)

DVDを作成しよう!

DVD Flick DVD Flick

今回紹介する物は、DVD Flickというもの!
これを使えば、簡単に家電のDVDプレイヤーで
再生する事ができるDVDを簡単に作成できます。

DVD Flick

初心者仕様なので、特にこれといって複雑な設定は必要なく、
日本語化するまでもありません。
但し、ここだけは確認しておいてください。
「DVD Flick」を起動した後に、上の「Project setting」「Vodeo」
「Target format」が、必ず「NTSC」になっているか確認!
そして、「DVD Flick」を起動した後に、上の「Project setting」「Vodeo」
「Burning」ここの「Creat iso image」「Burn project to disc」にチェック
が入ってることを確認!チェックが入っていればそのままDVDの方へ
自動で焼いてくれます。後は、「Accpet」(OKという意味)をクリックし、
灰色の箇所にそのまま動画ファイルをぶっこんで下さい(ドラッグ&ドロップ)
できるだけ、左の%(パーセンテージ)が100%を切らないようにすること!
後は、上の「Creat DVD」をクリックしDVDが出来上がるのを待つのみ

※準備しておく物
DVD Flickの本体(Downloadから)
DVD Flickの日本語化

ジョイパッド(ジョイスティック)を仮想化しよう!

PPjoy PPjoy

PPjoy

今回紹介する物は、PPjoyというもの!
これは、ジョイパッドを仮想化にすることでジョイパッドを
PCに繋がずとも仮想ジョイパッドの役割をしてくれます。
これにより、単純にあるキーを長押しした時、自動的に
そのキーを連射することが可能です。
オンラインゲームなどで回復(ポーション)を大量に使用
する際に最適!

※準備しておく物
PPjoy
JoyToKey

※手順(前編)
①まずこのページへ行きます。
②ページ上段にあるDownload PPJoyをクリック
③すると、PPjoyをダウンロードすることができます。
④ダウンロード後に、PPJoySetup.zipというファイルがあればおk
⑤次に、このファイルをクリックすると、圧縮ファイルが開くので展開(解凍)します。
⑥展開(解凍)後に、setup.exeというファイルがあるのでこれをクリック
⑦インストールが完了したら、スタート→すべてのプログラム→Parallel Port Joystick
⑧その中のConfigure Joysticksをクリック(起動)
⑨起動後に、Addというボタンをクリックし、下の図のようにします。
PPjoy
⑩この図のように、Parallel port:をVirtual joysticksにすればおk
⑪そして、再びAddのボタンをクリックします。
⑫すると、パソコンが仮想ジョイパッドを認識しようと下の図のようになります。
PPjoy
⑬この図のように、次へ・・・次へ・・・のボタンをクリックしていきます。
⑭これで、仮想ジョイパッドのパソコンへの認識が完了です。

※手順(後編)
①今度は、別ソフトJoyToKeyをダウンロード・・・インストールして下さい
②JoyToKeyを起動させ、下の図のように設定します。
JoyToKey
③この図で行けば、F5キーが連射(30)されるということになります。
④次に、PPjoyの設定を行います。
⑤スタート→すべてのプログラム→Parallel Port Joystick→PPJoyKey
⑥起動後に、下の図のように設定します。
PPjoy
⑦この図で行けば、Zキーを長押しでJoyToKeyのほうで設定した
F5キーが連射(30)されるということになります。

※注意
PPjoy & JoyToKey 共に起動したままの状態でなければ、
連射設定は反映されません!

携帯電話でファミコンをしよう!

CreateZipImage.jar CreateZipImage.jar

CreateZipImage.jar

今回紹介する物は、CreateZipImage.jarというもの!
これを使用すれば、携帯電話でファミコンを
プレイすることができます。
そして、サルでも分かるように手順のみを
説明していきたいと思います。

ドコモ「 SH903i 」の場合

※準備しておく物
ドコモ「 SH903i 」の携帯電話(ドコモショップか電気店で購入)
携帯電話接続ケーブル(ドコモショップか電気店で購入)
microSDカード(ドコモショップか電気店で購入)
CreateZipImage.jar
ww_mapper_sx(携帯電話でアクセス&ダウンロード)
ファミコンROM(ゲームデータ)

※手順(前編)
CreateZipImage.jarをダウンロードします
ww_mapper_sxを携帯電話でダウンロードします
③CreateZipImage.jarを起動します(起動できない場合はJAVAをインスコ)
④「分割する」のチェックを外す
⑤「JEPG」をクリックし、目的のファミコンROM(ゲームデータ)を選択
⑥ファミコンROM(ゲームデータ)が画像ファイルに変化してればおk
⑦microSDカードを携帯電話に挿入する
⑧携帯電話接続ケーブルをUSBポートと携帯電話に繋げる
⑨携帯電話を見ると「USBモード設定」となっており、決定キーを押す
⑩「通信モード」「microSDモード」「MTPモード」と表示されている
⑪「microSDモード」を選択し、決定キーを押す
⑫「はい」「いいえ」の「はい」を選択し、決定キーを押す
⑬「マイコンピューター」を開いたら「リムーバルディスク」が追加
⑭「リムーバルディスク」→「DCIM」→「100SHARP」を開く
⑮ここに、さきほど作ったファミコンROMの画像をコピー&ペースト
⑯その画像のファイル名を下記のようにリネーム(名前変更)
⑰「DVC00001.JPG」や「DVC00002.JPG」など・・・
⑱携帯電話接続ケーブルを携帯電話からぶっこ抜く
⑲携帯電話を見ると「通信モードに切り替えてよろしいですか?」
⑳となっているので「はい」を選択し、決定キーを押す

※手順(後編)
①携帯電話のメニュー画面を開くと「Lifekit」というものがある
②「Lifekit」→「microSD管理」→「管理情報の更新」を開く
③「全て」を選択し、決定キーを押す
④「管理情報の更新を実行しますか?」と表示されます
⑤「はい」を選択し、決定キーを押す
⑥携帯電話のメニュー画面を開くと「データBOX」というものがある
⑦「データBOX」→「マイピクチャ」→「microSD」→「カメラフォルダ100」を開く
⑧さきほどコピーしたファミコンROMの画像が真っ白に表示されている
⑨その画像を「サブメニュー」→「移動/コピー」→「本体へコピー」
⑩で、「1件コピー」を選択し、決定キーを押す
⑪「外部取得データ」を選択し、決定キーを押す
⑫携帯電話のメニュー画面を開くと「iアプリ」というものがある
⑬「iアプリ」→「ソフト一覧」→「ww_,apper_sx」を開く
⑭「1:>>」を選択し、決定キーを押す
⑮「画像を選択します」と表示され、「外部取得データ」を開く
⑯真っ白なファミコンROMの画像を選択し、決定キーを押す
⑰画面が真っ白のままなので、再び決定キーを押す(決定キー連打)
⑱ゲームが起動(゚∀゚)アヒャ!
⑲音が鳴らない場合は、ゲーム画面で「MENU」→「SoundSettings」を開く
⑳次に、1、4、5、6、7の「false」を「true」に変更すればおk 

<<前ページ  | HOME |  次ページ>>

ブログについて

■ブログ名:DownLoader
■管理者:名無し
■更新日時:時間は夜
■記事内容:ツールやアプリケーション
■問い合わせ:こちら からお願いします
URL変換

カウンター

人目の訪問者

小遣い稼ぎ


一ヶ月で6万2千円(詳細はコチラ)

最新の記事

カテゴリー


全タイトルを表示

相互リンク

アクセスランキング

ブログパーツ ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。